不妊治療 ¥1,500~

  子宝(不妊症)の鍼灸治療

最近、鍼灸や漢方などといった東洋医学の考え方が注目されており、不妊治療でも例外ではなくなっています。
西洋医学がホルモン注射や臓器に直接作用させるものが中心なのに対して、東洋医学である鍼灸はホルモンの調子を調整して妊娠しやすい体作りにしていくことが目的に行われています。
特に体の冷えを改善し、自律神経を正常にすることは排卵が正常に行われず、受精してもちゃんと着床しない人に大変効果的と言われています。
ホルモンバランスを整えることによって、月1回の排卵がきちんと行われるようになって、人工授精を行う人にも効果がさらに上がると言われています。
また、高温期が長くて妊娠が継続しにくい人にも効果的です。
特に、末端部分の血液循環の効果はすばらしく、人によっては鍼灸の治療後にすぐぽかぽか体が温まってくるなどといった即効性の期待できる治療法です。
血行がよくなると当然ながら体のすみずみまで栄養素が届くようになり、子宮や卵巣などの妊娠にかかわる臓器が温まり、さらに新陳代謝を活発になるので、不妊改善効果が期待できます。
また、手足のツボを刺激するため脳の血流促進効果もあります。
脳はホルモンの分泌をつかさどっている大変重要な器官なため、脳の血流がよくなればホルモンの分泌が活発になり、安定効果が得られるはずです。
また、リラックス効果もあると言われています。
妊活中や不妊治療中はストレスや不安が常にあり、こうしたストレスや不安がさらに不妊を悪化させている場合もないとは言えません。
鍼灸にはリラックスに有効とされるα波を増大させる効果があり、さらにストレス耐性を高める効果があるとも言われています。
鍼灸はつまり体をトータルで体調をよくしていくものであって、不妊改善にもかなり効果があるわけです。なので、不妊に悩んでいる方は鍼灸治療をぜひ試してみていただきたいとかんがえております。

▶︎  鍼灸による不妊治療の方法とは?

鍼灸はカウンセリングにより不妊の原因になっている症状や、体質から見て効果のあるツボを判断し、ハリやお灸で刺激するものです。
たとえば、腎兪 という脇腹にあるツボや、天柱・風池 という首筋にあるツボ、気海という体の中心線上にあるツボなどが不妊に効果的なツボと言われています。
こういったツボを定期的にハリやお灸を使って刺激することによって、体質を改善し、妊娠しやすい体作りを行います。

▶︎ 鍼灸による不妊治療を行う上の注意点とは?

鍼灸を使った不妊治療を行う場合、いくつか注意点があるので注意してください。
まず、すでに不妊治療を行っている場合ですが、鍼灸を行ってもいいかどうかをかかりつけの医師に確認しましょう。
さらに、鍼灸は妊娠しやすい体作りを目指して行うものなので、子宮や卵巣に異常がある場合はその疾患の治療を先に行います。
また、不妊治療に限らず鍼灸はその特性上すぐに効果を得られるものではありません。
具体的に言うと、週に1回程度で半年程度の通院が必要だと言われています。