スポーツ外傷・障害

  スポーツ外傷・障害

ベストコンディションでのスポーツ復帰を目標とし、プロ選手、トップアスリートへの指導経験を活かした治療やリハビリテーション、トレーニング指導を受けることができます。

▶︎  スポーツ外傷 】とは

転倒、衝突などの1回の外力により起こる“ケガ”で、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲などがあります。
初期の治療とその後のリハビリテーションがとても大切で、適切な治療がなされるか否かにより、スポーツ復帰までに要する月日が大きく異なってきます。
例)足関節の捻挫、膝関節の靱帯損傷や半月板損傷、肉離れ、肩関節の脱臼など

▶︎  スポーツ障害 】とは

スポーツ外傷と比較して、比較的長期間に繰り返される過度の運動負荷により生じる筋肉、靱帯、骨(膜)などの慢性疾患です。スポーツ障害の原因は使い過ぎ(オーバーユース)や筋肉の柔軟性低下、アライメント異常(O脚、X脚、扁平足)、フォームの問題などがあります。ケガを治すだけでなく、原因にアプローチする事が特に重要です。
例)ジャンパー膝、アキレス腱炎、野球肘、シンスプリント、疲労骨折など。

▶︎ こんな方におすすめです

  • 試合が近いので一日も早く治したい。
  • 同じ怪我を繰り返す。
  • なかなか、怪我が治らない。
  • 治療だけでなく、予防や、トレーニングも行いたい。

▶︎ 主なスポーツ外傷

  • 捻挫
    捻挫を甘く見ては行けません!捻挫は関節に大きな力が加わり、靱帯などを損傷してしまう事により起こります。スポーツで良く起こる捻挫は足関節が最も多く、受傷直後は、痛みや、腫れ、内出血がみられることがあります。
    また、きちんと治療を行わなければ、捻挫を繰り返しやすくなります。
  • 肉離れ
    スポーツ動作により、筋肉に強い負荷がかかり、損傷する事です。
    腿の前(大腿四頭筋)や裏(ハムストリングス)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に良く起こります。
    肉離れの原因には、筋肉のバランスや、フォームの問題など様々です。
    原因を明らかにし、再発予防に務めます。
  • 打撲
    人との接触や、転倒、そして物があたったりする事で筋肉に損傷が起こる事です。
    受傷直後は痛みで筋肉を動かすことができません。
    また、時間が経過するにつれ、腫れや内出血がみられます。できるだけ早く応急処置を行う事で、症状が軽減できます。