肩こり・頭痛・スポーツなどの怪我

  肩こり頭痛整体 ¥2,500

国民病とも言われる「肩こり」原因を知ってスッキリ解消!

日本人にとって肩こりはおなじみの症状で、男性では2位、女性では1位を占めています。
肩こりの多くは日常生活の習慣や環境が原因で発症すると言われています。
症状を悪化させない、発症させないためには原因を知り、早期に治療する事が大切です。

▶︎ 肩こり度チェック *当てはまる項目を数えてみてください

✅ 冷え性である
✅ 運動不足である
✅ パソコンを使うなど長時間同じ姿勢を使うことが多い
✅ 姿勢が悪いとよく言われる
✅ 眼精疲労や視力の低下を感じる
✅ 真面目で几帳面な性格である
✅ ストレスを多く感じている

▶︎ 肩こりの原因は大きく分けて2つ!「病気が原因でない肩こり」と「病気が原因となる肩こり」に分類されます。

「病気が原因でない肩こり」のメカニズム

この肩こりの主な原因はズバリ、血行不良です。
悪い姿勢や体系、疲労やストレス、生活習慣や老化現象によって、肩の筋肉が緊張して血行が悪くなると、筋肉に疲労物質が蓄積し、肩こりの症状が発生します。

「病気が原因で起こる肩こり」のメカニズム

一方、重大な病気が原因で起こる肩こりもあります。
たかが肩こりと甘く見るのは禁物。
取り返しがつかない段階まで病気が進行しないように肩こりが辛いときは早めの受診をお勧めします。

あなたの頭痛は大丈夫?頭痛の種類を知ろう!

頭痛と言っても、その種類は様々です。肩こりと同時に起こる頭痛は「緊張性頭痛」と呼ばれています。また、注意したいのが、放っておくと危険な頭痛です。
命に関わるシグナルとして頭痛を発症する事もあります。

▶︎ 頭痛の原因は大きく分けて2つ!「症候性頭痛」と「機能性頭痛」に分類されます。

「症候性頭痛」

原因がはっきりしている頭痛。
脳腫瘍やクモ膜下出血、慢性硬膜下出血など早急に治療をする必要のある病気よって起こる頭痛です。また、髄膜炎などの感染による頭痛や、緑内障などの眼疾患による頭痛などもあります。

「機能性頭痛」

CTなどの検査ではっきりした異常が認められない頭痛。
殆どの慢性頭痛はこのタイプです。機能性頭痛には「緊張性頭痛」「片(偏)頭痛」「群発頭痛」があります。
肩こりと関係のある頭痛は「緊張型頭痛」で、後頭部から肩にかけての痛みがでたり、倦怠感、目の疲れ、めまいが伴うことがあります。
原因は肩こりと同様、筋肉の緊張が原因である事が多いので、血流を改善させる治療を行います。

▶︎ 肩こり・頭痛の治療

  • 鍼灸
    肩こりの原因となる筋肉の緊張を軽減する効果があります。
  • 物理療法
    当院では最新の干渉波や高周波、超音波機器を使用し、肩や首の筋肉の緊張を緩和します。
  • 徒手療法
    痛みの原因となる姿勢(アライメント)を改善することを目的とした治療を行います。
  • 運動療法
    姿勢の異常により悪くなった筋肉のバランスを整えるための運動指導を行います。


  スポーツ外傷・障害

 

ベストコンディションでのスポーツ復帰を目標とし、プロ選手、トップアスリートへの指導経験を活かした治療やリハビリテーション、トレーニング指導を受けることができます。

▶︎  スポーツ外傷 】とは

転倒、衝突などの1回の外力により起こる“ケガ”で、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲などがあります。
初期の治療とその後のリハビリテーションがとても大切で、適切な治療がなされるか否かにより、スポーツ復帰までに要する月日が大きく異なってきます。
例)足関節の捻挫、膝関節の靱帯損傷や半月板損傷、肉離れ、肩関節の脱臼など

▶︎  スポーツ障害 】とは

スポーツ外傷と比較して、比較的長期間に繰り返される過度の運動負荷により生じる筋肉、靱帯、骨(膜)などの慢性疾患です。スポーツ障害の原因は使い過ぎ(オーバーユース)や筋肉の柔軟性低下、アライメント異常(O脚、X脚、扁平足)、フォームの問題などがあります。ケガを治すだけでなく、原因にアプローチする事が特に重要です。
例)ジャンパー膝、アキレス腱炎、野球肘、シンスプリント、疲労骨折など。

▶︎ こんな方におすすめです

  • 試合が近いので一日も早く治したい。
  • 同じ怪我を繰り返す。
  • なかなか、怪我が治らない。
  • 治療だけでなく、予防や、トレーニングも行いたい。

▶︎ 主なスポーツ外傷

  • 捻挫
    捻挫を甘く見ては行けません!捻挫は関節に大きな力が加わり、靱帯などを損傷してしまう事により起こります。スポーツで良く起こる捻挫は足関節が最も多く、受傷直後は、痛みや、腫れ、内出血がみられることがあります。
    また、きちんと治療を行わなければ、捻挫を繰り返しやすくなります。
  • 肉離れ
    スポーツ動作により、筋肉に強い負荷がかかり、損傷する事です。
    腿の前(大腿四頭筋)や裏(ハムストリングス)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に良く起こります。
    肉離れの原因には、筋肉のバランスや、フォームの問題など様々です。
    原因を明らかにし、再発予防に務めます。
  • 打撲
    人との接触や、転倒、そして物があたったりする事で筋肉に損傷が起こる事です。
    受傷直後は痛みで筋肉を動かすことができません。
    また、時間が経過するにつれ、腫れや内出血がみられます。できるだけ早く応急処置を行う事で、症状が軽減できます。

 

  フィジオソノとは ¥500(1部位)

1つの超音波プローブで、浅部モード、深部モード、さらに全体を広範囲でカバーできるオルタネートモード発信も可能です。
カラータッチパネルのシンプルな操作、バッテリー搭載で持ち運びもでき、院内からスポーツ現場まで、様々な場所でお使いいただけるコストパフォーマンスに優れた超音波治療器です。

▶︎ POINT 1 深達度を変えられるオルタネート(交互)モード

プローブから発信される超音波は、

  • 浅い疾患部をターゲットにする3MHZ
  • 深い疾患部や大きい筋肉をターゲットととする1MHZ

が出力されます。
また、その両方を切り替えながら治療が出来るオルタネート(交互)モードが装備されています。

▶︎ POINT 20.1W/cm²の低出力超音波も発信

さらに同じプローブで、急性期に適用できる0.1W/cm²の低出力超音波も出力可能です。

  フィジオアクティブHV ¥500(1部位)

Hi-Voltage電気刺激療法を、コンパクトでハイパワー(peek300V)に実現。
疼痛の軽減や治癒促進に使用できます。
また、Hi-Voltage波形によるEMSモードを搭載。
リハビリでの筋萎縮改善や筋力トレーニングに使用できます。

▶︎ プリセット2プログラム+フリー3プログラム

[PAIN:鎮痛]
急なアクシデントによる強い痛みの場合に、主に太い神経線維に作用し、痛みの伝達を遮断するゲートコントロールプログラム。

[MUSCLE:リハビリテーション]
筋刺激によるPNF(固有受容性神経筋促通法)を行うマッサージプログラムで、リハビリテーションに適しています。

[+3つのユーザープログラム設定]
ユーザーが3種類のプログラムを保存することが可能です。

  • 患部を的確に捉えるシューティング導子
  • リハビリ現場で必要な一時停止機能
  • 4時間駆動バッテリーを搭載
  • 2CH独立仕様により幅広いシーンに対応
  • 3.5インチのタッシパネル式カラーディスプレイ

 

  コンビネーション治療って何?電気?超音波? ¥800(1部位)

コンビネーション治療とは
超音波療法と電気治療を組合せて行う治療方法です。通常、超音波治療法は治療感覚のないことが多いですが、電気治療を組合せることにより、患者様の治療部位での反応をみることができ、確実に治療を施すことができます。
また、超音波のマイクロマッサージ効果と電流の鎮痛作用により、血行を促進し、疼痛を鎮めることで短時間での治療が可能です。

超音波導子から低周波刺激が発生

超音波導子を動かして患部を確定し、集中的に刺激を与えられる